青汁 効果

お肌の調子にも効果的な青汁

30歳を超えたころからお肌にハリがなくなってきたように思います。小じわも気になり始めてお肌の曲がり角をまさに体感しています。割りと肌が荒れやすい体質なのもあり、ちょっと疲れていたりするとメイクの乗りも悪くなります。

でもまだまだキレイでいたい!って願望もあって、なんとかならないかなぁと色々調べていました。すると青汁がお肌の調子に効果的だということを知りました。

でも青汁っていうと不味くて臭いイメージがあるし、私自身が青臭いものが苦手なのでかなりためらいました。ちゃんと飲めるか不安だったからです。せっかく買ったのに飲めなかった、なんてことになるのは嫌ですから。

でもお肌を何とか元気にしたかったので恐る恐る購入。お肌のためなら我慢できるはずです。私の場合はネットで通販で買いましたが、思ったよりも安くて嬉しかったです。

そしていよいよ届いたものを飲んでみたのですが、これがとっても飲みやすかったんです!むしろおいしいと言っても言い過ぎじゃないです!これなら毎日でも苦になりません。

今は飲み続けて2ヶ月程経ちますが、お肌にハリが出てきました。噂通りの効果で本当に嬉しかったです!いつもツルツルで荒れることも少なくなったし、メイクの乗りもとってもいいです!

これは青汁に含まれる豊富なビタミン類が効いていて、お肌の調子をどんどんよくしてくれるみたいです!もしお肌の調子が良くないなら、私のように青汁を試してみてはいかがですか?冷え性やむくみなんかにも効果があるので、本当におすすめですよ!

まるで緑茶ッ!?大麦若葉の青汁がオススメ

最近、「大麦若葉」を使った青汁が注目を集めていますね。

大麦若葉の青汁が注目を集めている理由は、その「飲みやすさ」からです。

青汁といえば、「マズイ」や「ニガイ」などの負のイメージが強かったのですが、大麦若葉の青汁が登場したことで、そうしたイメージが一変しました。

そんな大麦若葉の青汁ですが、効能はしっかり期待できるのかが気になるところ。大麦若葉の青汁の効能は以下の通りです。

●ビタミンが豊富に含まれていることにより、発育不良・夜盲症・角質硬化・壊血病・くる病・脚気・しびれ・筋肉病・心臓肥大・食欲減退・神経症状・口内や唇のただれ・皮膚病などを予防することができます。
●基礎代謝が上がり、消費できるエネルギー量が増えるため、脂肪が燃焼されやすくなり、ふとりにくい体を作ることができます。
●皮膚の状態改善に期待ができます。
●抗酸化物質が含まれているため、参加ストレスによって引き起される様々な病気の予防に見込みがあります。抗酸化物質とは、酸素によって引き起される有害反応(酸化)を抑制してくれる物質のことです。内臓機能は年齢を重ねることで衰えていきますが、これは酸化によるもので、こうした酸化ストレスを予防してくれます。
●生理作用を円滑化させることができます。
●食物繊維が豊富に含まれているため、便通の改善、さらには大腸ガンなどの予防にも期待ができます。

いかがでしょうか。大麦若葉の青汁を飲み続けることでこうした恩恵を受けることができます。本来であれば、こうした栄養素は普段の食事で摂取できるはずなのですが、現代日本の社会ではそれがなかなかできなくなってしまいました。

ですので、そうしたことを補うためにも大麦若葉の青汁は最良だといえます。

そして、気になる「お味」は…
コップに大麦若葉の青汁を用意し、さて飲むぞ!と口に運ぶと、ニオイがまったく気にならず、というよりは無臭…でしょうか。そして、まるで緑茶を飲んでいるのではないかという錯覚を覚えるような味で、思わずグイグイと飲んでしまいます。本当に、緑茶を飲んでいるようなそんな味なのです。これなら、毎日続けられるます。

青汁は、毎日続けなくては効果を維持することができません。たしかに、1日だけ青汁を飲むとすぐに効果があらわれて、便通が驚くほどよくなります。ですが、そうした効果を維持させるには、青汁を飲むことを維持させなくてはなりません。

今回ご紹介した、「大麦若葉の青汁」ですが、こちらは先ほども述べた通り、非常に飲みやすいですし、なにより「美味しい」のです。青汁をお考えの方がいらして、どの青汁にしようかと迷っていたら、大麦若葉の青汁から試してみてはいかがでしょうか。きっと満足されるはずです。

青汁は飲むだけじゃないッ!?青汁を使ったおいしい蒸しパンレシピ

青汁を「飲むだけ」と思っていませんか?実は、青汁を使うことで簡単でしかも美味しく、栄養満点な料理に大変身させることができてしまうのです。

青汁を使った料理は、どんどん開発されていて、その数も指では数えられないほどです。そんな数ある青汁料理の中から、今回は「青汁を使った蒸しパン」のレシピをご紹介します。

●材料(6~8個分)
・粉タイプの青汁…小さじ1
・ベーキングパウダー…小さじ1
・塩…約ひとつまみ
・薄力粉…100g
・砂糖…20g
・牛乳…100cc

●つくりかた
①上記の材料の牛乳以外を、ボウルに入れ、良く混ぜ合わせます。
②その後、牛乳を加え、再びよく混ぜ合わせます。
③6~8個分の型などに、さきほど混ぜ合わせたものを入れます。
④蒸し器などで10~15分ほど蒸して出来上がりです。

いかがでしょうか。非常に簡単で、ほとんど手間がかかりません。さらに、青汁が苦手という方でも、こうして蒸しパンのように料理することで、美味しく頂くことができてしまいます。

ちなみに、青汁の効能をご存知でしょうか。

青汁の効能は以下の通りです。
・腸を整え、便通を改善させる
・大腸ガンの予防
・ビタミンの欠乏によって起こる、壊血病などの予防
・カルシウムの欠乏によって起こる、くる病などの予防
・ミネラルの欠乏によって起こる、熱けいれんなどの予防
・内臓の機能向上

このように、青汁は「健康」に繋がることを行ってくれるのです。本来、毎日摂取しなくてはならない栄養というものがあるのですが、なかなかそれを毎日摂取することが難しいので、こういった料理などをして摂取できれば良いですよね。なにより「美味しい」ですし。是非、お試しください。

やっぱり苦くてダメ…そんな方にケールの青汁の『おいしい飲み方』

ケールの青汁は「苦い」。そうですよね。今なら、美味しく飲むことができる青汁が沢山出ているので、そっちに変えてみるというのも、一つの手段ですが、ここでは「あえて」ケールの青汁にこだわってみたいと思います。

では、どうすれば良いのか。「このまま」だとケールの青汁は苦いし、クセがあるし、ニオイも気になってしまいますよね。ですが、ケールの青汁に何かを「混ぜ合わせる」といかがでしょうか。

ということで!ケールの青汁に何かを混ぜて「おいしく」頂いてしまいましょう。

●ケールの青汁+「緑茶」
ケールの青汁の独特のクセがほとんどなくなります。苦味もほとんどなくなり、サッパリとした飲み心地になります。さらに、緑茶の栄養素のカテキンが加わるため、高血圧予防やガン予防などの効能がプラスされます。

●ケールの青汁+「レモン」
レモンは酸味がありサッパリとしているため、ケールの青汁とブレンドすると、野菜臭さと強いクセがなくなります。そして、レモンの持つビタミン要素が加わるため、血管の老化が原因で起こる、動脈硬化などを抑制してくれます。

●ケールの青汁+「牛乳」
実は、この飲み方が一番おいしく飲めるとの声が多くあります。青汁と牛乳という組み合わせは意外ですが、これがなかなかイケます。ケールの青汁の青臭さが消え、スッキリと飲むことができます。さらに、牛乳はカルシウムに恵まれているため、カルシウム不足が原因の「くる病」などを予防することができます。

●ケールの青汁+「ハチミツ」
これもまた意外な組み合わせですが、ケールの青汁の苦味が消え、マイルドになり、非常に飲みやすくなります。ちなみにハチミツの効能は、腸内のビフィズス菌増殖と高血圧予防です。腸内のビフィズス菌が増殖すると便通がよくなります。

●ケールの青汁+「果汁100%フルーツジュース」
こちらは、ケールの青汁にしては「おいしい!」の一言です。独特の野菜臭さはどこへいったのやらスッキリとおいしく飲む事ができます。ちなみに、グレープフルーツのジュースとブレンドするのがオススメです。

いかがでしょうか。試してみたい!と思えるパターンはありましたか。ケールの青汁は苦くてクセが強く、非常にマズイですがそれだけの高い栄養を持っています。ですので、ケールの青汁が苦手な方は是非ここで紹介した方法を1度お試しください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >